Posts By webmaster

「claviarea 14 コンテンポラリー・トイピアニズム 〜大人たちの本気の遊び」告知

ついに中村和枝がピアノを捨ててトイピアノ奏者に⋯⋯!?

claviareaでは、これまでもトイピアノが登場することがありましたが、今回、ついにオールトイピアノプログラムが実現。すべて日本人作曲家による、トイピアノのための作品集。待望の公演が実現します!

 ピアノ+作曲ユニット「クラヴィアーレア」では、2002年の第1回公演から、中村和枝による「コンテンポラリー・ピアニズム」シリーズを中心に、現代音楽におけるピアニズムを探求し、時として現代における聴取の形態についての実験的公演などを行ってきました。第14回目にあたる本公演で、中村和枝はついに通常のピアノから完全に離れ、近年熱心に取り組んできたトイピアノのレパートリーを集めた公演を行います。

 トイピアノは全部で5台の楽器を使用、それぞれ個性的な音を持ちます。これらを聴きくらべることによって、この楽器の玩具としての側面だけではない、魅力的な世界が展開される公演となるはずです。

 プログラムはすべて日本人作曲家による作品。平石博一と松平頼暁の委嘱新作に加え、近藤譲の日本初演作から若手の田口和行に至る幅広い世代の作品を集めました。特に山本、成本、田口、山根各作品は、以前に中村のために書かれた作品です。それぞれまったく異なるアイデアと手法とスタンスで、トイピアノの限られた音域に対峙した日本の作曲家の大いなる「遊び」が、ここにあります。

 トイピアノ自体はそれほど珍しい楽器ではありません。しかしそれが在る光景は、通常音楽を聴く場所にはなく、楽器というより「玩具」の領域にあるでしょう。本公演ではそれを完全に舞台に引っ張り出します。近江楽堂の豊かな響きの中で、この小さいユニークな楽器による、可愛くもシリアスで「本気な遊び」の世界を探検してください。


■プログラム
・松平頼暁 ABZ~複数のトイピアノとヴォイスのための(委嘱新作初演)
・平石博一 ビヨンド・ザ・ミラー(委嘱新作初演)
・近藤譲 カッチャ(日本初演)
・山本裕之 ヘミオラ・スリップ
・成本理香 ラインズ
・山根明季子 マジカル・メディカル・トランキライザー (共演:村田厚生)
・山口恭子 砂糖の雨(日本初演)
・近藤浩平 坊さんの気晴らし
・田口和行 星屑

※演奏順未定、プログラムは予告なく変更する場合があります。

日時:2018年8月4日(土)、開演14:00・開場13:30
場所:東京オペラシティ・近江楽堂(東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティ3F)

出演:中村和枝(トイピアノ)、村田厚生(ゲスト:プラスチック・トロンボーン)

主催・企画:claviarea(クラヴィアーレア) http://claviarea.com/
制作協力:ナヤ・コレクティヴ
助成:NPO法人 JML音楽研究所

■チケット(2018年5月15日発売開始予定)
前売 一般3000円 学生1500円
当日 一般3500円
(高校生以下無料・要予約)

カンフェティ(先行発売!)https://www.confetti-web.com/detail.php?tid=46310&

お取り扱い・お問い合せ:ナヤ・コレクティブ
電話・FAX 03-3921-4309(電話は平日の11:00~17:00)
メール:nayac@mc.point.ne.jp

「くりかへす悦び2」終わりました。

11月3日「くりかへす悦び2」にご来場戴きました多くの方々に、御礼申し上げます。
おかげさまでなんとか無事(?)に二回の公演を終えることが出来ました。
前後半で二度同じ音楽を聴いても、予想以上に違って聞こえるということを実感して戴けたと思います。
お楽しみいただけたらこの上ない悦びです。

claviarea 13 「くりかへす悦び2」告知

次回公演claviarea 13「くりかへす悦び2」⋯⋯2011年に好評を博した、前半と後半に同じ曲を演奏する企画、第2弾です。

プログラムは
 松平頼暁《デュアル・ミュージック/ピアノ・ウィズ・ヴォイス》(中村和枝委嘱、初演)
 黒田崇宏《グラデュアリズム》(claviarea委嘱、初演)
 A.ミンチェク《茎》
の3曲です。

黒田崇宏は新進気鋭の若手、claviareaとして初めて演奏します。
アレックス・ミンチェク(Alex Mincek)はニューヨークでいま絶大な人気を誇る作曲家の一人。日本では殆ど知られていません。満を持しての紹介です。
松平頼暁の新曲は、近年の中村和枝の興味(好奇心?)に応えた、ヴォイスを伴う音楽です。


claviarea13 コンテンポラリー・ピアニズム「くりかへす悦び 2」
両国門天ホール(両国駅徒歩5分)
11月3日(木・祝)15:30 / 18:30開始(2回公演)

ツィンマーマン氏レクチャー!

ツィンマーマン氏がせっかく来日するのだからと、自作について語っていただく事になりました。

===================================================
◆[名古屋]2月10日(火)18:15開始
愛知県立芸術大学 大講義室(新講義棟)
(愛知県長久手市岩作三ケ峯1-114)

・入場料:無料
・英語・通訳なし(場合によって部分通訳あり)
※予約は必要ありません
主催:愛知県立芸術大学音楽学部山本研究室
お問い合わせ:hiroyuki_yamamoto@mail.aichi-fam-u.ac.jp

◆[東京]2015 年2 月13 日(金)19:00開始
Buncademy
(東京都目黒区鷹番3-1-3 リエール鷹番303 号)

・入場料:一般1,500 円、学生無料
・英語・部分通訳あり
※予約制(20 名)
主催:Buncademy / NPO Glovill
ご予約・お問合せ:info@buncademy.co.jp、fax: 03-6452-4366
===================================================

東京のレクチャー開場は収容人数が限られていますので、是非ともご予約ください!

スカイプでリハーサル

《Beginner's Mind》は今回「ジェスチャー版日本初演」とチラシに書かれていますが、これは実のところ「オリジナル版」です。どういうことかというと、もともと演奏者に対してジェスチャー(作曲者は「アクション」と呼んでいます)の指示がふんだんに盛り込まれているのですが、これまでそれをあまりきちんとできた奏者がいなかったとのこと。この曲はCDも出ていますが、音だけでは当然そんな演出(?)も分かりようはありませんし。

ところがこのアクションの指示がわかりにくい。作品のテーマになっている「禅」とは直接関係ありませんが、中世のヨーロッパで唱えられていた、人間の体液は気質に影響するという「四気質」(ヒンデミットにもこのタイトルの曲がありますが)という概念に、Zimmermannオリジナルの「第五気質」が加えられて、これこれこのように表現せよという指示なのですが、それぞれ短めの、しかも「ロッシーニがウィーンに入る喜び」(!)といったメタファーを伴ったような表現で書かれています。

こりゃわからん! ということで、ベルリンにいる作曲家とスカイプでリハーサルを行いました。「そこはもっと腕を上げて」とか「落ち込んでいくように」とか「体を浮かせて」とか、決してオーバーなアクションではありませんが、表情まで伴ってけっこうな演技力が要求されていました。中村和枝のはからずも新境地に突入せざるを得ないような演奏になりそうです。