Posts By webmaster

「大人たちの本気の遊び」トイピアノに囲まれて終了!

「大人たちの本気の遊び」、終了しました。本気で遊んだ一日でした。

ご来場いただきました皆様に心より御礼申し上げます。おかげさまで満席の大盛況でした。

 

さて今回は、客席が舞台をUの字に取り囲む形となり、各前方のお客様は間近でトイピアノを御覧いただく事になりました。ここでは見やすいように、ゲネプロの様子を写真でお伝えします。

会場には様々なトイピアノが並びます。

いつもよく使用する、iPadによる譜めくりは今回も活躍しました。(近藤譲作品)

成本理香さんとのゲネプロ。

近藤浩平さんとのゲネプロ。

山根明季子作品では村田厚生さんのプラスチック・トロンボーンが登場です。

松平頼暁さんの委嘱作品では、歌いながら楽器も叩きます。トイピアノのイメージを覆す、かなり激しい曲です。

もう一つの委嘱作品作曲家、平石博一さんです。7曲の小品からなるこの曲は、常に2台の楽器を左右の手で引き分けます。まさに本公演の趣旨を効果的に利用された新作でした。

この他に、田口和行作品、山本裕之作品もありました。

 

今回はご予約だけで席が埋まってしまい、残念ながら当日券が出せなくなってしまいました。せっかくいらしていただいたのに、お断りしてしまったお客様もいらっしゃいました。心よりお詫び致します。

トイピアノの音を比較!

8月4日「大人たちの本気の遊び」で使用する主な楽器を紹介します。

まずは定番の河合楽器「KAWAI 1135」グランド。とはいえこの楽器、実は細かい改良を重ねながらいくつもの型があるのです。今回は蓋が開くものと開かないものを使用します。

同じく河合楽器の「KAWAI 1151」アップライト。グランド型が有名なので、カワイのアップライトがあるなんてあまり知られていません。音もかなり違います。

シェーンハット「Schoenhut 379B」グランド。今回の公演で中心となる楽器です。倍音の複雑さが魅力です。

シェーンハット「Schoenhut 2522W」アップライト。ボディ色が赤と白の2台を会場に持ち込みます。楽器の形が独特です。

白川ピアノ「Weissenbach」グランド。型番があるのかどうか分かりません。シェーンハットのグランドと並ぶ本公演最大級の大きさの筐体を持ち、やはり倍音も豊富です。

如何ですか? どれをとっても同じ音の楽器がありません。
これもトイピアノの魅力です。

「claviarea 14 コンテンポラリー・トイピアニズム 〜大人たちの本気の遊び」告知

ついに中村和枝がピアノを捨ててトイピアノ奏者に⋯⋯!?

claviareaでは、これまでもトイピアノが登場することがありましたが、今回、ついにオールトイピアノプログラムが実現。すべて日本人作曲家による、トイピアノのための作品集。待望の公演が実現します!

 ピアノ+作曲ユニット「クラヴィアーレア」では、2002年の第1回公演から、中村和枝による「コンテンポラリー・ピアニズム」シリーズを中心に、現代音楽におけるピアニズムを探求し、時として現代における聴取の形態についての実験的公演などを行ってきました。第14回目にあたる本公演で、中村和枝はついに通常のピアノから完全に離れ、近年熱心に取り組んできたトイピアノのレパートリーを集めた公演を行います。

 トイピアノは全部で5台の楽器を使用、それぞれ個性的な音を持ちます。これらを聴きくらべることによって、この楽器の玩具としての側面だけではない、魅力的な世界が展開される公演となるはずです。

 プログラムはすべて日本人作曲家による作品。平石博一と松平頼暁の委嘱新作に加え、近藤譲の日本初演作から若手の田口和行に至る幅広い世代の作品を集めました。特に山本、成本、田口、山根各作品は、以前に中村のために書かれた作品です。それぞれまったく異なるアイデアと手法とスタンスで、トイピアノの限られた音域に対峙した日本の作曲家の大いなる「遊び」が、ここにあります。

 トイピアノ自体はそれほど珍しい楽器ではありません。しかしそれが在る光景は、通常音楽を聴く場所にはなく、楽器というより「玩具」の領域にあるでしょう。本公演ではそれを完全に舞台に引っ張り出します。近江楽堂の豊かな響きの中で、この小さいユニークな楽器による、可愛くもシリアスで「本気な遊び」の世界を探検してください。


■プログラム
・松平頼暁 ABZ~複数のトイピアノとヴォイスのための(委嘱新作初演)
・平石博一 ビヨンド・ザ・ミラー(委嘱新作初演)
・近藤譲 カッチャ(日本初演)
・山本裕之 ヘミオラ・スリップ
・成本理香 ラインズ
・山根明季子 マジカル・メディカル・トランキライザー (共演:村田厚生)
・山口恭子 砂糖の雨(日本初演)
・近藤浩平 坊さんの気晴らし
・田口和行 星屑

※演奏順未定、プログラムは予告なく変更する場合があります。

日時:2018年8月4日(土)、開演14:00・開場13:30
場所:東京オペラシティ・近江楽堂(東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティ3F)

出演:中村和枝(トイピアノ)、村田厚生(ゲスト:プラスチック・トロンボーン)

主催・企画:claviarea(クラヴィアーレア) http://claviarea.com/
制作協力:ナヤ・コレクティヴ
助成:NPO法人 JML音楽研究所

■チケット(2018年5月15日発売開始予定)
前売 一般3000円 学生1500円
当日 一般3500円
(高校生以下無料・要予約)

カンフェティ(先行発売!)https://www.confetti-web.com/detail.php?tid=46310&

お取り扱い・お問い合せ:ナヤ・コレクティブ
電話・FAX 03-3921-4309(電話は平日の11:00~17:00)
メール:nayac@mc.point.ne.jp